トラブルに対処する方法を心得ておこう

飲食店やマッサージ店など、お客と接するアルバイトに従事している場合、お客との間にトラブルが発生してしまう事があります。
もしも自分のミスによってお客に怪我をさせてしまったり、健康を損なわせてしまった場合、即座に問題を上司に連絡するようにしましょう。
そうしたトラブルは大事ですから、対応が遅れると職場のイメージ低下にも直結します。
問題は自分だけで収拾しきれませんので、早期な報告が欠かせません。
万が一保身のために報告を避けた場合、逆に問題がこじれてしまう事もありますので注意しましょう。
また中にはモンスターカスタマーに絡まれてトラブルが発生する事もあるでしょう。
万が一相手が恫喝や暴力などで挑んで来た場合、心神が危険ですから法的に解決する事を考えましょう。
例え会社が黙って耐えるように指示したとしても、法律は会社の指示の上位に存在しているのですから、動く事が大切です。
逆に些細ではあるものの自分のミスで問題が起きている場合、できるだけ謝罪で済ませる事が大切です。
海外であれば自分に明確な非がない限り謝らない習慣のある国も存在していますが、日本では例えアルバイトの非が浅くても謝罪する事で好感度が上がるものなのです。
お客との間で問題が発生した場合、最も気を付けたいのが情報の拡散です。
万が一SNSでアルバイト先に関するネガティブなイメージを流された場合、営業利益に打撃を与えてしまいますので気を付けましょう。
そうした事態を避けるためにも、まずはすぐに謝罪の言葉をのべる、そして責任者に指示を仰ぐ、この2つを迅速にする事が求められるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です